忍者ブログ

tempo concede

hearthstone

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PVP小ネタ

せっかくなので、PVPの小ネタや小さな立ち回りなどをメモして行こうと思う

参考動画が在るものは随時、載せていこうと思う

今後小ネタを追加するときはこのページに追加する予定

ブルグ→のカテゴリ欄にPVP小ネタを追加したので

記事を見失った場合はそこから飛んでくれば良い

注:スペルの立ち回りの小ネタは散々考察で書いたので、省略する。そんな小ネタみんな知ってるよwwwwwwwってネタでも気分で書く予定

以下、小ネタ

:地上フィールド、崖上からジャンプ→即Uターン滑空で崖上に戻れる
使う場面として、敵に張り付かれているとき、PT単位に追われているときに使用すれば、そのまま崖下に向かって滑空する”奴がいる”


:スピのフィア重ね(フィア→フィア)は、間にPOTなどを挟むことができる

:空中&地上、スピのフィアは滑空中に当たれば、効果自体を無効化することができる(一瞬変身するが、すぐに元に戻る)

:空中&地上、ジャンプ又は落下中にフィアに当たると、どんなに高くても落下ダメージを無効化することができる。また空中の場合、落下が終わらず、無限に距離が離れていくので敵は追撃をすることができない
注:フィアの効果時間が終了すると、フィアに当たった場所に一瞬で巻き戻る

:空中フィールド、スピのフィアが当たる直前に”使用時飛行不可能な変身キャンディー”を使用すれば、落下中にフィアが当たった時と同じ現象が発生する
使用例として、移動不可状態で、自ら落下できないときに、”使用時飛行不可能な変身キャンディー”を使用し、強制落下にもっていける
注:フィアに当たった後は、フィアの効果時間が終わるまでに、使用したキャンディーのバフを解除すること

参考動画:http://www.youtube.com/watch?v=IgiZ5-gFIXEの1分13秒

:強化バフを自分で解除することで、読み合いを有利にもっていくことができる
使用例として、
1.スピ、スペル、キュアのバリアの自己解除
2.2デバフ移動不可を受けた状態のシャドウ、ボウのイベージョン系を自己解除し、イベージョン系をはがそうとした攻撃(主にゴミスキル)を受け、移動不可を解除する
参考動画:http://gavie.net/play/movie.php?t=88476の9分16秒

:空中フィールド、”落下中の相手には”空中捕縛スキルを使用することができる。本来、飛行中の相手には空中捕縛スキルを当てることが不可能
参考動画:http://gavie.net/play/movie.php?t=88476の10分3秒

:地上&空中、相手が反射バフ使用中、CCスキルを受けた後に、反射ダメージを受けることでCCを解除することができる
使用例としてチルローブ、アイススノーアーマーを使用しているスペルが何らかのCCスキルを使用し、当たる直前に発生の遅いフォースバインドを使用すれば、CCの後にスペルにフォースバインドがあたり、反射ダメージがCC後に入ってくる
注:発生の遅いスキルを使用することが成功の鍵。盾ならキャプチャ、ボウなら範囲スキルなどなど

:CC系スキルは落下ダメージを利用し、解除することができる。
使用例として、空中でCCが当たる直前に自ら落下し、落下ダメージを受ける
注:落下しても死なない高度を保つこと

:スクロール系の順番を調整することで、バフ解除スキル(マジックバックドラフト等)を受けた後、任意のバフを残すことができる
使用例として、勇気or覚醒→物理クリor魔法クリ→物理クリ抵抗or魔法クリ抵抗→疾走スクロールで疾走スクロールを残すことが可能
また、狂風スクロールと疾走スクロールは重複可能なので、狂風スクロール+自己バフ2種類+上のスクロールを使用すれば、マジックバックドラフト&コンバスチョンを使用されても疾走スクロールを残すことができる
注:属性UPスクロールはバフ解除スキルの対象外なので調整には使用できない

:ハイド時、ハイドの種類により、ハイドを解除することなく、自己バフを2~3個使用することができる ”が” バフ発生の音は敵対種族にも聞こえる
注:地上時、自己バフをJCすることで音も完全に消すことができる(?)

:スタン時、リムーブショックが入る直前にスタンを重ねることで、リムーブ中にスタンにすることが可能
注:スタン強度の関係から使用できる職と使用できない職がある(?)
参考動画:http://gavie.net/play/movie.php?t=88476の8分57秒(ダガースロー後に、リムーブ発生する直前に回避スタンを使用)

:瞬間移動系スキル(タイムスペースツイスト、シャドウクローン)は転倒、ビーストスカーなどの巻き込みスキルで巻き戻り現象が発生する
参考動画:http://www.youtube.com/watch?v=unR0sCQpBsw&feature=relmfuの35秒

:落下中の相手に移動不可スキルを使用すると、移動不可デバフを解除しない限り、再飛行ができないので落下死する。”このとき”、直前、又は移動不可スキルを当てた後に、一度でもHPに直接ダメージを与えていると、、APを丸々得ることができる
使用例として、ソードが弓を持ち、MCアンクルなどなど

:詠唱スキルは、封魂石を使用することで即キャンセルすることができる。詠唱の早いスキル(主にコンマ秒の詠唱スキル)は、使用した直後に封魂石を使用しないと、発生保障がかかる
使用例として、スペルが2デバフ移動不可を当てた後に、イベージョン系を誘発させるために、一瞬ソウルフリーズの詠唱を見せて、即キャンセルなどなど

:現在の仕様(ver2.7)では、着替えマクロはダメージを受け続けている状況であっても、”移動以外の行動を行っていなければ”マクロを中断されることなく、着替えを完了することができる
注:ジャンプやPOTも使用してはならない




とりあえずザクっと書いてこのくらい。
覚えておくと便利なので、参考程度になればよいと思う








PR

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア


LostProphets goodbye tonight

最新コメント

[06/21 ballon bleu de cartier white gold discount]
[06/21 bvlgari yellow necklace replica]
[06/09 replica oyster perpetual datejust rolex]
[06/09 faux bague love cartier]
[06/09 rolex gmt occasion]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
あめさん
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析